「もり」の家と「まち」の家

家はプリミティブなものです。

私にとっての「家」の原点は「大草原の小さな家」、インガルス一家が暮らすあの小さな家です。

お父さんの作った小さな家です。
家が住まい手と密接につながっている。
家は人を守り人を待つところ。

それこそが家。

今の私たちにとってもそれは変わりありません。
家はそのようなものであって欲しい。
住むこと、暮らすこと、その原点に立った家づくり。

そんな家づくりのお手伝いが出来ればと考えています。

 

今までの自分の仕事を振り返って見た時、「もり」の家と「まち」の家という言葉が浮かびました。

 

「もり」は森のこと。

私たちを取り巻く自然環境です。
森を思い地球に無理をさせない家づくり。

また、「もり」とは「守り」のこと。

家は家族を守るもの。
様々な外敵から家族を守る家が必要です。

 

そして、「まち」とは街のこと。

人と人、家族と家族が集まって住む家と家が集まる場所です。
家族と家族が寄り添い、お互いのプライバシーを守り、光と風をとりこみむ家。

また、「まち」とは「待ち」のこと。

家族の帰りを待つ家。
待ちわびる家族のもとに家路を急ぐ家。

人と人とが「家」を介してつながってゆく、そんな家づくりを目指しています。

「もり」の家へ

「まち」の家 へ

コメントは受け付けていません。