事務所ミニ改修

事務所の打ち合わせコーナーの改修をしてみました。
これが改修前の打ち合わせコーナーです。

このスペースの壁に杉板を張ります。
杉板は千葉県の「モクイチ」さんから一等材(厚さ12mm本実加工)を一坪分購入。

一坪で6300円ですから、1900円/㎡と、いくら節だらけの一等材とは言え破格。安すぎます。
残念ながら千葉県産材ではないそうですが、近県の山の国産材には違いありません。
特に千葉県などの関東県では、自県産にこだわる理由はほとんどないと私は考えていて
関東近県で材料のやりくりが出来る流通網が完備される方がユーザーとしては使いやすくなると思っています。
今回の材は節の部分も節埋めがされていてなかなか良い感じ。
ただし、モクイチさん直接取りに行ける方はその値段ですが
今回は宅急便で送っていただいたので送料が3600円かかりました。
それでも、送料込みで3000円/㎡くらいですね。

こんな感じで事務所に材料が届きました。
板は3.6mなのですが
その長さだと宅急便で送れないのと
事務所に張る長さは1.8mなので半分の切ってもらいました。

まずは梱包を解いて材料の確認です。
張ってゆく順番も考えます。



半分ほど張り終えたところです。

張り終えました。
作業時間は1時間ほど。
板を切ってもらっていたのと
壁の下地がフニャフニャでうまく釘が打てなかったので
本実のサネの所で打つのをあきらめて
板の頭から釘を打ちましたので、インチキ施工です。笑

杉材も節だらけだと、やぼったくなるとか、雰囲気を壊してしまう素材のように受け取られがちですが、
こんなふうに、ちょっと良い感じに仕上がりました。
節だらけの杉材も使いようなんです。

コメントは受け付けていません。