シュリザクラ

2015年4月27日から28日にかけて南会津の株式会社オグラさんに行ってきました。
オグラさんには様々な丸太があって、誰でも買うことが出来ます。
今回の私の目的も良い丸太があったら買うことでした。
上の写真は、今回購入した「シュリザクラ」北関東産です。
オグラさんに到着した時から一目惚れ。
長さが5.4m、直径が45cmほどの大物ですので、どうやって製材してもらってなにに使おうか一晩考えて購入を決断しました。

オグラさんでは、買った丸太をその場で製材もしてくれますし
若干の費用はかかりますが桟積みで保管もしてくれます。
ですから、広葉樹の丸太の一本買いをしても、使えるまで1年から数年かかる間のことをお任せ出来るのです。

丸太のオーナーになって製材に立ち会うのは格別のものがあります。
今回はカウンターの天板に使うために40mmの厚さに挽いてもらいましたが
一枚ごとに出てくる木目が違っていて、最後の真ん中くらいの
シュリザクラ特有の綺麗な赤味が出てくる頃には、なんとも言えない大きな感動がやってきます。
下の写真は、綺麗な赤味が出てきたところです。

挽いてもらった原板は丁寧に皮をむいて虫がつかないようにし
割れ止として小口と中心にトリートメントを塗って仕上げます。
今回は、皮むきとトリートメントを自分でやってみましたが
なにせ、原板が多かったのと大変な陽気の炎天下だったので
作業を終える頃にはクタクタになっていました。

下の写真がトリートメントを終えたところです。

取れた原板は、最終的には、3.6mの長いのが10枚、1.8mの短いが10枚。
長いものは幅30cnくらいで使えそうなものも何枚かあるので
キッチンのカンターに使いたいなと思います。
短いものは赤味を3枚くらい矧ぎ合わせてテーブルの天板に使えそうです。

実際に使えるのは一年後。
その時に、どうなっているか、乾燥が進むと色味も変わってくるでしょう。
今から楽しみです。

コメントは受け付けていません。