空き地に・・・

ふと道をを歩いていたら空き地があった。
よく見たら小さな可愛い花が咲いていた。
あまりにも可愛いので、しばらく見ていたらおじいさんに声をかけられた。
不動産の方かね?
いいえ、花が可愛いものですから。
最近は、道に生えている花なんて見ている人もいなくなった。
この土地もずっとほったらかし。何に使うあてもない。
と、ここはそのおじいさんの土地だったのでした。

その後、劇的な展開になったわけがないのはいうまでもありません。
それにしても、小さなお花と古材が並んで現代アートのようではありませんか。

コメントは受け付けていません。