設計依頼まで

<設計依頼までの流れ>

1 家づくりのこと、土地探しなど、まずは、お問い合わせください。
耐震診断のみでもお受けしておりますのでご相談ください。

2 初回面談の日時を決めてお話を伺います。およそ1時間から2時間です。
設計の進め方、土地のこと、どんな家がいいのか、ご予算はいくらくらいか
ざっくばらんにご希望などをお聞きしながら、私が今まで手がけてきた仕事を見てもらいます。

3 ご希望があれば敷地確認、現地確認を行います。

4 ご希望があれば、今まで手がけた建物をご案内して見て頂きます。

5 面談は2〜3回程度まで行なっています。
一回目でお話できなかったこともしっかりとお聞きしたいと考えています。

—ここまでは無料で行なっています—

6 以上を踏まえて、設計契約となります。
しかし、設計契約には建物の規模や工事費などの概算が必要です。
各種条件から規模や概算が容易に算定できる場合には、設計契約を取り交わすことが出来ますが
ラフプランを作らないと規模と予算が決まらない場合があります。
また、設計契約に先立ち金融機関からプラント概算工事費の見積書の提出が求められる場合があります。
その場合には、設計契約に先立ち「設計申し込み」をしていただき、プランの作成および概算工事費見積書の作成を行います。

「設計申し込み」をしていただきながら設計契約に至らなかった場合には
それまでの作業報酬として15万円(消費税抜き)をご請求させて頂く場合がありますが
これについては「設計申し込み」の際にご説明させていただきます。

7 重要事項説明を行い設計契約を取り交わします。


<設計業務には以下の業務が含まれます>

a 工事業者を推薦し工事業者選定に対するアドバイスをします。また工事契約に立会います。

b 工事中に現場検査を行い、写真やビデオで報告します。
検査は、基礎工事、骨組工事、断熱材工事、設備配管工事 、仕上げ工事などになります。

c 完成引渡し前の完成検査に立会います。

d 工事費の増減が生じた場合の調整を行います。
<設計監理料のお支払いについて>

新築の場合には5回(契約時、基本設計完了時、実施設計完了時、上棟時、完成時)に分けてお願いしています。
リフォーム工事の場合には、規模に応じて 2回もしくは3回に分けてお支払いいただいております。

2017年9月 設計契約に先立ち「設計申し込み」をしていただく場合の詳細を変更
2011年11月