Union_House-01—音楽スタジオ

Union_House-01
2013年竣工 神奈川県小田原市

声楽家のご主人とピアニストの奥様、そして可愛らしいお嬢さんの三人が暮らしながら
音楽のレッスンが出来るスペースをご主人のご実家に増築しました。
音楽スタジオは防音がまず第一に大切ですが、レッスンスタジオでは自分が出した音が綺麗に反響して戻ってくることが大切です。声楽家のご主人にお聞きすると、コンサートホールでも、ステージから自分の声が客席の向こうに届いて響く感覚が大切なのだそうです。限られたスペースの中で、音の距離感と空間のボリューム感をどうしたらいいのか、声楽家のご主人と何度も打ち合わせを重ねて、音の響き、そして防音性能、さらには自然の光と風を取り入れる工夫を考えました。
いくぶん高く設けたハイサイドライトの向こうには人家はありません。空がどこまでも見えていて、そこから音が漏れても問題にはならない位置にあります。ハイサイドライトからは自然の明かりがこぼれ落ちてきますし、風もやってきます。とても気持ちのいい音楽スタジオが完成しました。
杉の幅の狭い板を目透かしで張った壁と天井は「MUSE_House」でも実証済みの素敵なアコースティックな響きをもたらしてくれています。


音楽スタジオの向こうに、ウオーキングクローゼントを挟んで
ご家族三人がお休みになる寝室があります。
ロフトに見えるのは、空気集熱式パッシブソーラー「そよ風」です。

施工:(有)佐照工務店

Union_House-02—フォールディングテーブル

Facebookアルバムでもっと写真を見る 

 

 

コメントは受け付けていません。