ヨウシュヤマゴボウ


ヨウシュヤマゴボウ
(ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属)
ヨウシュヤマゴボウが色づき始めるのは
秋が深まった証拠でしょうか。
北アメリカ原産の帰化植物ですが、日本の秋の風景の一部になっている感があります。


「ヨウシュ」とは言っても「洋酒」ではなく
「洋種山牛蒡」なんですが、それでも「ヤマゴボウ」とはおいしそうな名前です。
しかし、いわゆるヤマゴボウ(モリアザミ)とは関係なく
有毒植物に分類されているそうです。
葉っぱを食べると、軽い下痢などを起こすとのこと。
でも、見るからにおいしそうな果実(ブルーベリーに似ていますね)の方は、
食べても大丈夫とのことですが、
残念ながら、この果実から洋酒はつくれません。
でも、赤ワインのように色素が強く、子供たちの染め物遊びに昔から使われていますね。

花は、可愛いです。

庭植えとしても、よく使われていますね。

3件のコメント

  1. kubo wrote:

    実は繁殖のために無毒
    葉はわが身を守るために有毒
    種の存続の術 
    そんな術がとても魅力的ですね
     

  2. take wrote:

    知りたかったこの植物の名前を、今日やっと知ることができ、ほんとにうれしくなってコメントしてしまいました。家の庭にすごいいきおいで出現しはじめたこの植物、2,3ヶ月なんだろう?なんだろう?とわからないのでモヤモヤした気持ちですごしてきたのが、解決しました。ありがとーございます。^0^

  3. fuRu wrote:

    kuboさん
    さすが、ずばり、ですね。
    takeさん
    ご無沙汰しております。
    そうでしたか、八王子にもすごい勢いで繁殖しているのですね。
    時々見かけるのは良いのですが、群生していると、ちょっとどっきりするかもしれませんね。
    とにかく、生命力が豊かな植物のようで、セイタカアワダチソウのように嫌われ者にならないと良いのですが。
    私は個人的に、この植物はけっこう好きですけれどもね。