yagen_House



yagen_House
東京都練馬区
2009年3月竣工
東京でも少し郊外の緑豊かな敷地に建つ住宅です。
「yagen_House」の「yagen」とは「薬研」で、薬草をすりつぶす石臼のこと。
こちらのご主人はいろいろなコレクションをお持ちですが薬研のコレクションがひときわ目を引きました。そこで、「yagen_House」となったわけです。


「yagen_House」は1階に居間、食堂、畳コーナーをワンルーム感覚で配置。
キッチンはセミオープンで食堂や居間と閉じながら開くという関係が持てるように工夫しています。



1階の居間は隣家が迫っている条件では採光の点で不利ですので、一部を吹き抜けにして、ハイサイドライトから自然光が降り注ぐように工夫しています。






小上がりになっている畳コーナーは畳をあげると下が収納になっていて、ご主人のコレクションを仕舞っておける場所にもなっています。



吹き抜けは、2階の子供部屋と接していて、キッチン周りにいるお母さんと声をかけあうことが出来るようにしました。



2階の廊下はシンプルなデザインでまとめました。
空気集熱式パッシブソーラーシステム「そよ風」を採用しています。
設計監理:アトリエフルカワ一級建築士事務所
施工:キューブワンハウジング

コメントは受け付けていません。