st_House—建物配置確認

本日は秩父の「st_House」の敷地にて建物の配置を確認。
敷地をスタッフと飛び回り建物の位置をポールとビニール紐で印しました。

都心部ですと、建ぺい率一杯に家を建てることが多いので、車を停めるスペース次第で建物の配置が決まってしまうことも多いのですが、「st_House」では、農地を宅地にして家を建てますから、敷地が広い。建物を建てる位置には様々な可能性があります。

周囲の建物との関係などを最確認すると共に、電柱と支線が車の出入りに邪魔になることと、和室から駐車中の車が見えても、それほど気にならないことを現地で確認。玄関へのアプローチの方法なども調整しながら、建物の配置計画は当初のままにいこうということになりました。

これで基本設計完了。実施設計に入ります。

コメントは受け付けていません。